あなたを癒し美しさを引き出す 自分らしく生きるあなたのための天然石ジュエリー
グレードAA~AAAAA・鑑別済天然石仕様。当店だけのオリジナルデザイン
        
営業日カレンダー 
ご注文は
24時間営業365日受付中
2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  休日
ご注文は24時間営業
365日受付中です

ご注文受付順に
発送作業致します


ホーム金属アレルギー防止





   指輪金属アレルギーになりにくさを並べてみますと

   (なりにくい)
      ↓
   サージカルステンレス・チタン
      ↓
    K18,プラチナ
      ↓
    シルバー925 ・K14gf
      ↓
    K18WG
      ↓
    合金の材料となる金属(ニッケル・コバルト・クロム・亜鉛・マンガン等)
      ↓
   (なりやすい)  

    ちなみにピンクゴールドは金に銅を混ぜたもの

    イエローゴールドは金に銀・銅を混ぜたもの

    ホワイトゴールドは金にニッケル・銅・亜鉛を混ぜたものです
    (ニッケルやコバルトが混ぜてあることもあります。
   ですから実はホワイトゴールドは金属アレルギーにはなりやすい金属とも言えます)


   注意金属アレルギーで特に注意が必要なのはピアスです。

   ピアスの金属アレルギーになりやすさは、ネックレス等他のアクセサリーと比較にならないほどです。

    なぜかと言うと、ピアスは皮膚に対し、人工的に穴を開けているからですドリル

    皮膚と言うのはもともと、外界と自分のからだを遮断する役割があるのですが
    ピアスは皮膚に穴をあけ金属を装着するため
    ピアス穴から直接からだの内部に金属が流れ込みます。
    それが金属アレルギーの体質を作る原因となります。

    実際、金属アレルギーの原因の圧倒的にピアスによるもの。
    イヤリング・ネックレス等、他のジュエリー・アクセサリーではとても少なく、ほとんど心配ありません。

    けれども、人によって体質の違いがありますし、今まで合金のピアスをしてきた人は、
    体内に金属がたまっている恐れがあり、それがネックレスを身につけたことにより
    発症するということも。可能性としてないとは言えません。

    現在、金属アレルギーにお悩みの方のほとんどが、過去に合金のピアスを着用された経験があるようです。

    だからといって、合金のピアスの着用者すべてが金属アレルギーになるというわけでもございません。
    その人の体質とピアス着用の頻度や条件等によります。

    でも危険性があることは否めませんから、当店では、金属アレルギーになりにくい金属をお勧めしております。

  
    金属部分の変更料金はこちら
    ちなみにサージカルステンレス フックピアスへの変更は無料です。
    サージカルステンレスは医療用にも使われているほど。金属アレルギーの心配がありません。


    当店で扱っておりますピアス・イヤリング金具は
    サージカルステンレス、K18(18金)、K14WG(14金ホワイトゴールド)、
    SV925(シルバー925)、K14gf(14金ゴールドフィルド)、合金(シルバー色・ゴールド色・ブラウン色)。

    このうちもっとも金属アレルギーを起こしにくいのがサージカルステンレス。

    逆に、もっとも金属アレルギーを起こしやすいと言えるのは合金(シルバー色・ゴールド色)のピアス。
    当店では合金のピアスの取り扱いはとても少ないですが、安価でお客様からのご要望があるため、
    少しだけ取り扱っております。

    どこのネットショップでもそうですが、金属名が特に書かれていないもの、
    安いものは、合金と思ってまず間違いないでしょう。

    K18WGは金属アレルギーを起こしにくいと思われている方が多いですが、
    K18WG(金18ホワイトゴールド)は合金の一種なので、時々、金属アレルギーを起こす人もいます。

    クローバーK14gf(14金ゴールドフィルド)は、最近だいぶ市場に出回るようになって来ましたが、
    これは、金を分厚くメッキしたもので、剥げてくることがほとんどないためアレルギーを起こしにくく、
    K14gf は金属アレルギーの観点から、欧米では広く使われています。

    またサージカルステンレスは、医療用にも使われているほどで、アレルギーを起こす心配がなく安心です。
    色もシルバーで、いい感じの色でオススメです。

    はてなマークなぜピアスは金属アレルギーになりやすいのかはてなマーク

    理由は、ピアスは皮膚に穴をあけているため、そこからイオン化した金属が体内に入り込みやすいからです。

    夏場は汗をかくためイオン化された金属が体内に入りやすく、注意が必要です。

    ピアスご購入の際はできるだけ、金属アレルギーを起こしにくい金属をご選択下さいませ。

    金属アレルギーが心配な方に、特にオススメなのは、サージカルステンレスです。

    金属アレルギーを起こさないので医療用具にも使用されています。価格も安価です。

    ピアス穴にふれる部分以外は、そのまま、デザインどおりのものを使用していますので、
    ファッション性を損なうこともありません。

    金属アレルギー対策

    他に18金も、アレルギーを起こしにくいのでオススメです。

    金属アレルギーに関しましては、個人の体質等も関わってまいりますので、当店では一切責任は負えません。

    お客様のご判断により自己責任にてご購入をお願い致します。

    アレルゲン(アレルギーを起こす物質)はその人によって違います。

    アレルゲンは皮膚科で調べられますので、もし気になるのでしたら一度皮膚科でお調べになることをお勧めいたします。

    ご自身の体質により大丈夫な金属や、安全な金属で、安心しておしゃれをお楽しみ下さいませ。

    当店のピアスはすべて、お好みの金属(フックピアス・ポストピアス)と変更可能です。

    交換ご希望のかたは、備考欄にその旨お書き添え下さい。

    また、金属部分の変更料金はこちらです



ViVi jewel トップページに戻る


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス